TySOM

組込開発キット

TySOM™組込開発キット(EDK)は、IoT、コンピュータ・ビジョン、UAV、自動車、ロボティクス、ファクトリオートメーションなど、最先端の組込アプリケーションに取り組む組込設計者で、より高性能なRTLシミュレータとデバッガを求めている方々のためのプラットフォームです。EDKは高機能検証プラットフォームRiviera-PRO™と、Xilinx® Zynq™ベースの開発ボードで構成され、開発ボードにはZynqチップ1個(FPGA + ARM® Cortex-A9デュアルコア)、メモリ(DDR3, µSD)、通信インタフェース(miniPCIe、Ethernet, USB, Pmod, JTAG)およびマルティメディアインタフェース(HDMI, オーディオ, CMOSカメラ)が搭載されています。 

キットの内容

  • Riviera-PRO™ インストール用DVD
  • TySOMボード(TySOM-1-7Z030 または TySOM-2-7Z045)
  • Ubuntuデータ搭載のmicroSD
  • リファレンスデザイン、チュートリアル、Vivado™/SDK™プロジェクトのデータ搭載miniUSB
  • 電源ケーブル
  • 90日保証 

おもなメリット

高性能RTLシミュレータで大規模なZynqベースシステムを開発可能。Riviera-PROは業界随一のシミュレーション最適化アルゴリズムを搭載し、VHDL/Verilogの混合言語シミュレーションのパフォーマンスは業界でもトップクラスです。この性能と業界最高水準のキャパシティを併せ持つRiviera-PROは、リグレッションスループットが高く、非常に大規模で複雑なZynqベースのシステム開発にも向いています。

Zynqベース開発ボードはプログラム可能なFPGAとARM® Cortex-A9デュアルコアを装備し、カスタムRTLと組込アプリケーションで複雑なシステムを開発する組込開発者に最適です。ボードにはメモリ(DDR3, µSD)、通信インタフェース(miniPCIe, Ethernet, USB, Pmod, JTAG)、マルチメディアインタフェース(HDMI, オーディオ, CMOSカメラ)およびドーターボード拡張用FMCがあります。

高機能RTLデバッガには、データフロー、ポストシミュレーション・デバッグ、高機能波形ビューア、プロット・イメージビューア、Xtraceおよびコードカバレッジなどの先進機能が搭載されています。

Xilinx® Vivado™ と SDK™ の開発フローをサポート、ZynqベースのハードウェアデザインはVivadoで作成後、Vivado内部のターゲットシミュレータとしてRiviera-PROを指定してシミュレーションできます。SDKで作成したソフトウェアアプリケーションはTySOMボード上で、ベアメタルまたはLinuxアプリケーションとして動作します。

検証済みUbuntu組込ホストリファレンスデザインはTySOMボードをフル機能搭載のLinuxボックスに変身させることができます。これを使いながら、Linuxアプリケーションのコンパイルから実行まで、Linux OSの基本的なコンセプトとフレームワークが学べます。リファレンスデザインにはハードウェア(Vivadoでのデザイン)とTySOMボードで使用する次のグループのペリフェラルのソフトウェアサポート(Linuxセットアップ)から構成されます。

ターゲットとなる用途は、産業向けIoT、ファクトリオートメーション、UAV、自動車、ロボティクスおよびコンピュータビジョンなどです。

Ask Us a Question
x

Ask Us a Question

x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.