ALINT-PRO™ | Design Rule Checking

スタティック・デザイン検証

ALINT-PRO™はRTLと合成後のシミュレーション・ミスマッチ、合成に最適なコーディング、下流デザイン工程での問題回避、ポータビリティと再利用を考慮したコーディングなどを中心に、RTLコードを解析する検証ソリューションです。

RTLとSDC™ソースファイルをベースにスタティック解析を行い、デザインの早期段階で重大なデザインの問題点を見つけ出し、設計時間の大幅短縮に貢献します。RTLシミュレーション前にALINT-PROを実行すれば、デザイン上の問題をデザインフローの下流工程に波及する前に発見して取り除けます。デザイン完成までに必要となる手戻りの回数も減らせます。

ALINT-PROには有効なデザイン解析機能を直感的に使えるように作り込まれたフレームワークがあり、スケマティック・ビューワ、クロック&リセット・ビューワ、エラボレーション・ビューワ、それにクロック・ドメイン交差解析用チップ制御ビューワなどの特殊ツールが利用可能です。

ALINT-PRO™で利用できるルール・ライブラリ

ALINT-PROにはSTARC(半導体理工学研究センター)のデザイン・ガイドラインに基づいたルール・ライブラリも採用されています。STARCのライブラリには全世界の半導体企業がデザイン開発に応用しているベストプラクティスが盛り込まれています。

セーフティ・クリティカルなデザインについては、アルデックはDO-254ガイドラインに基づくルール・ライブラリを提供しています。こちらはデザインの安定性にとって重大な問題の解析に焦点を絞っています。

ALDEC_CDCルール・プラグインは、近年のマルチクロック・デザイン特有の複雑なクロック・ドメイン間転送やメタステーブルの問題をALINT-PROで解析可能にする、クロックドメイン検証プラグインです。ALINT-PROの検証戦略は大きく分けて3つの要素:スタティック構造解析、デザイン制約の設定、ダイナミック機能検証で構成されます。そのうち、前の2つはALINT-PROで実行し、ダイナミック機能検証は自動生成テストベンチを基に、ALINT-PROと連携するシミュレータ(Riviera-PRO™/Active-HDL™/ModelSim®をサポート)上で実行されます。この方法では、ラボテストでしか検出できないようなRTLシミュレーション中に潜むCDCの問題も見つけ出します。

 

主な機能

  • クロック・リセット・ネットワークの解析
  • RTLシミュレーションと合成後シミュレーションのミスマッチを防止
  • ALDEC_CDCルール・プラグインによる幅広いCDCチェック
  • コードのポータビリティと再利用性
  • DFTチェック
  • SDC™のサポート
  • IP記述用のデザイン制約拡張
Ask Us a Question
x

Ask Us a Question

x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.