組込開発キット

TySOM™組込開発キットは、IoT、自動車、ファクトリオートメーション、UAVやロボティクスなど組込アプリケーション用の高性能なRTLシミュレータ/デバッガを必要とする組込設計者に適しています。本キットは高機能検証プラットフォームRiviera-PRO™と、TySOM開発/プロトタイピングボードで構成されています。TySOMボードにはZynq 7000 チップ1個(FPGA + ARM® Cortex-A9デュアルコア)、またはZynq UltraScale+ MPSoCデバイスのいずれかが搭載されています。これらのボードには、周辺機器拡張用 FMC コネクタに加え、メモリや様々な通信/マルチメディアインタフェースが搭載されています。 また、IoT、ADASやロボティクスなどのアプリケーション用リファレンスデザインと、SW(Linux)やボード上の周辺機器をサポートするのに必要なすべてのハードウェアブロックを含む完全なリファレンスデザインが提供されます。

キットの内容

おもなメリット

高性能RTLシミュレータで複雑なZynqベースシステムの開発が可能です。Riviera-PROは業界随一のシミュレーション最適化アルゴリズムを搭載し、VHDL/Verilogの混合言語シミュレーションのパフォーマンスは業界でもトップクラスです。Zynqデバイス向けのHW/SW協調検証ソリューションである Riviera-PROにより、Zynqユーザは複雑なZynqベースシステムを論理合成やプロトタイピングに先立って検証することが可能です。さらに Riviera-PROは、データフロー、ポストシミュレーションデバッグ、高速表示波形ビューワ、プロット/イメージビューワ、Xトレースおよびコードカバレッジ機能を提供します。

TySOM 組込開発/プロトタイピングボードは、カスタムRTLと組込アプリケーションを備えた複雑なシステムを開発する組込設計者向けに、Zynq 7000 または Zynq UltraScale+ MPSoC コアを搭載しています。TySOM ボードはメモリ、様々な通信/マルチメディアインタフェースを搭載しています。メインボードに加え、アルデックはIoT、ADAS、映像、産業用、ネットワーキング、データ転送やシリアル接続などのような多様なアプリケーション向けFMCドーターボードを製造しています。

XC7Z045 と XC7Z100 デバイス向け Xilinx® Vivado™ Design HLx エディション 1年間ライセンスを提供します。さらに本パッケージには SDSoC開発環境向けデバイスロック 1年間ライセンスも提供します。ZynqベースのハードウェアデザインはVivadoで作成後、Vivado内部のターゲットシミュレータとしてRiviera-PROを指定してシミュレーションできます。SDKで作成したソフトウェアアプリケーションはTySOMボード上で、ベアメタルまたはLinuxアプリケーションとして実行します。それからアルデックのHW/SW協調検証ソリューションである Riviera-PROを使って、Zynqデザイン全体の検証を実行することができます。
各ボードの技術サポートと同様に、アルデックは ADAS、IIoT、画像処理のリファレンスデザインを提供していますが、その限りではありません。さらにカスタムLinux OS ビルド (カーネル/DT/uramdisk) と同様に、 Ubuntu-Linaro, Debian-Linaro, Yocto, Petalinux, OpenWrt などの組込デバイス向けの Linux ベース OSが TySOMでサポートされ、それらのソースファイルがアルデックで利用可能です。 安全な組込システムデザイン向けに、VxWorksFreeRTOS のようなリアルタイムOSもサポートしています。

ターゲットアプリケーションは、産業向けIoT、ファクトリオートメーション、UAV、自動車、ロボティクスおよび医療診断システムなどです。



Printed version of site: www.aldec.com/jp/products/embedded/tysom