Xilinx ISE からの Active-HDL 実行方法

1 はじめに

本ドキュメントでは、Xilinx ISE Project Navigator から Active-HDL を起動し、VHDL/Verilog/SystemVerilog のビヘイビィアおよびタイミングシミュレーションを実行する方法について説明します。Active-HDL 8.3/8.3sp1 以降とXilinx ISE 12.1 以降に対応しています。

2 Active-HDL の設定

2.1 Active-HDL 起動ファイルの自動インストール

Xilinx ISE Project Navigator から Active-HDL を実行するためのファイルセットが、Active-HDL インストール時に自動インストールされます。ISE Project Navigator からActive-HDL を起動すると、Active-HDL 8.3/BIN/xilnx_ise.bat が実行され、Active-HDL ワークスペースとデザインが作成され、シミュレーションに必要なファイルが付加されます。

2.2 ザイリンクスシミュレーションライブラリのインストール

ザイリンクスのモデルやIP コアを含むデザインをシミュレーションするには、ザイリンクスシミュレーションライブラリが必要になります。Active-HDL では、コンパイル済ライブラリをツールとあわせて提供しています。お使いになるライブラリがインストールされていることを、Active-HDL のLibrary Manager で確認してください。

必要なライブラリがインストールされていない場合には、アルデックのウェブよりダウンロードしてください。

3 ISE Project Navigator の設定

3.1 Pereferences の設定

After ISE Project Navigator でプロジェクトを開きます。メニューからEdit→Preferences を選択し、Preferences ウィンドウを開きます。Category → ISE General → Integrated Tools を選択し、右ペインのModel Tech Simulator 欄にて、Active-HDL インストールディレクトリ¥BIN¥xilnx_ise.bat を指定し、OK ボタンをクリックし Preferences ウィンドウを閉じます(図1)。

図1 

 

3.2 Design Properties の設定

メニューからProject→Design Properties を選択し、Project Settings のSimulator から、ModelSim の任意のエディションを指定して、OK ボタンをクリックしてください(図2)。

図2

3.3 Process Properties の設定

Project Navigator の View にて、Simulation をチェックし、Behavioral を選択します(図3)。

図3


メ ニューからProcess→Properties を選択し、Process Properties ウィンドウを開きます。Category のSimulation Properties にてProperty display level リストボックスからAdvanced を選択し、次の設定をします(図4)。

Compiled Library Directoryを Active-HDLインストールディレクトリのVlibに変更します。
●Ignore Pre-Compiled Library Warning Check をチェックします。
 Active-HDL はコンパイル済みの Xilinx ISE ライブラリをツールと合わせて提供しています。
●Other VSIM Command Line Options に、+access +r を設定します。

図4

続いて、Category のDisplay Properties にて全てのチェックをはずし、OK ボタンをクリックします(図5)。

図5

4 ISE Project Navigator からのActive-HDL の実行

4.1 Active-HDLの起動

Processes ウィンドウのDesign タブにて、Simulate Behavioral Model のマウス右ボタンメニューからRun を選択します。

Active-HDL が起動し、Design Browser Files タブに次のファイルが付加され、スクリプトファイル.fdo が自動実行されます(図6)。
● シミュレーションン対象のHDL ソースファイル
●ISE が生成した、コンパイルおよびシミュレーション実行用のスクリプトファイル(.fdo)
デザインファイルのコンパイルに続いて、イニシャライズシミュレーションが実行され、Structure タブにデザインの階層構造が表示されます。

図6

5 タイミングシミュレーションの実行

タイミングシミュレーションを実行するには、Project Navigator の View を Implementationに切り替えます(図7)。

図7

  • Implement Top Moduleボタンを押すか、トップレベルモジュールを右クリックしてImplement Top Moduleを選択し、論理合成と配置配線を実行します(図8)。

    図8

  •  Implement Design を展開して、Post-Place & Route シミュレーションモデルを生成します(図9)。

    図9

  • view を Simulation に変更し、Behavioral かた Post Routeに変更hします(図10)。

    図10

  • processes ウィンドウで Simulate Post-Place & Route Model を右クリックして、Process Propertiesを選択します。

  • Delay Values To Be Read from SDF欄が追加されていることがわかります(図11)。

    図11

  • Display Properties は、Behavioral シミュレーションと同じにします。

  •  Simulation Model Properties でも、タイミングシミュレーション用の -sdf スイッチを確認できます(図12)。

    図12

  • Simulate Post-Place & Route Modelを右クリックして run を選択することにより、タイミングシミュレーションを実行します。

Ask Us a Question
x
Ask Us a Question
x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.
We use cookies to ensure we give you the best user experience and to provide you with content we believe will be of relevance to you. If you continue to use our site, you consent to our use of cookies. A detailed overview on the use of cookies and other website information is located in our Privacy Policy.