HDL コーディング基準

HDL Coding Standrards

HDLコーディング基準(Safety-Criticalデザイン)

DO-254のようなセーフティ・クリティカル分野では、HDLコードに潜在的に危険な属性が入り込んでデザインの危険性が現れないようにするために、HDLコーディング基準の使用が推奨されます。HDLコーディング基準を定義して、レビューおよび文書化する必要があります。ALINT™は実証済みのVHDL/Verilog基準を装備した全自動のデザイン・ルール・チェッカで、自動的なコード・レビューの機能を備えています。このVHDL/Verilog基準は、コーディング・スタイル、可読性、シミュレーション、クロック・リセット管理、デザイン再利用、安全な合成・インプリメントのためのコーディング、クロック・ドメイン交差(CDC)、テスト容易性デザイン(DFT)など、HDLコーディングで必須の部分をカバーしています。

また、ALINT™には強力なドキュメンテーション機能があり、レポート作成や監査、レビューに威力を発揮します。ALINT™は発見された違反を表示するViolation Viewerや、「違反に該当しない」違反判定に正当な理由をコメントとして付けられるExclusion Managementの機能も付いています。これらの機能はコーディング基準違反解析・レポート用インタフェースと緊密に統合されているので、ボタン1つでレポートを作成したり、品質の高いデザインを作るための手順をやりやすくしたりすることで、セーフティ・クリティカルな設計保証基準の要件を遵守することができます。

自動コードレビューのおもな特長

  • 手作業のレビューのコストを削減
  • 業界の最適事例とデザイン専門技術の広範な知識ベースに基づく
  • 手作業レビューよりもコードの一貫性と作業効率が高まる
  • レビュー回数を増やせるので、DO-254の考え方にも合致
  • デバッグ環境と統合、効率の高いデザイン解析とドキュメンテーションを実現

次が含まれます:

  • ALINT™のインストールと評価ライセンスのリクエスト
  • DO-254ベスト・プラクティス・デザイン・ルール・セット

追加のリソース:

ALINT™ 2012.12 What’s New Presentation

Automated Code Reviews for Safety-Critical Designs Presentation

Ask Us a Question
x
Ask Us a Question
x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.
We use cookies to ensure we give you the best user experience and to provide you with content we believe will be of relevance to you. If you continue to use our site, you consent to our use of cookies. A detailed overview on the use of cookies and other website information is located in our Privacy Policy.