タイミングシミュレーション実行時に、SDFアノテーションレポートを確認する方法

対応方法

SDFファイルはインプリメンテーションツールにより生成され、遅延データとタイミングチェック情報を含んでいます。Active-HDLはSDFの最新バージョンをサポートしています。

VHDLデザインでは、シミュレーションイニシャライズ時に、asimコマンドに適切な引数を渡すことにより、SDFファイルのデータを読み込むことが可能です。Design Settings ダイアログボックスを使って、SDFファイルを指定することができます。

Verilogデザインでは一般的に、Verilogコードに記述された$sdf_annotate タスクによりSDFデータを読み込みます。asimコマンドでSDF ファイルを指定することでも、asimコマンドを実行できます。

Active-HDLは、runコマンドでシミュレーションを実行する時ではなく、シミュレーションイニシャライズ時にSDFデータを読み込みます。

SDFエラー制限は全SDFエラーがコンソールウィンドウに通知されるよう指定します。指定しない場合には、最初の100個のエラーだけが表示され、検出されたエラー数が通知されます。

詳細情報は Help | Product Help にて、SDF Annotationで検索してください。

Ask Us a Question
x

Ask Us a Question

x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.