Active-HDL にてデザイン読み込み時のエラボレーションを無効にする方法

背景

デフォルトでは、Active-HDL で既存デザインを開くと、デザイン階層のイニシャルエラボレーションが実行されます。バウンドされていないコンポーネントが即時通知されるので、多くの場合これは望まれる機能です。しかし場合によっては、エラボレーション処理を無効にして、デザインの読み込みを高速化したいかもしれません。またはイニシャライズシミュレーション時にのみ、コンポーネントをバインドしたいかもしれません。

対応方法

デザイン読み込み時のイニシャルエラボレーション処理を無効にするには、designtopremove on コマンドの実行が必要です。Active-HDL を開く度に本コマンドが実行されるように、startup.do マクロファイルに記述します。次の手順で設定します。

  1. Active-HDL インストールファオルダの /Script/startup.do を開きます。

  2. スクリプトファイルの最終行に次のコマンドを追加します。

    designtopremove on

  3. スクリプトファイルを保存して閉じます。

上記設定後は、Active-HDL はデザインの読み込み時にエラボレーションを実行しません。設定を元に戻したい場合には designtopremove off コマンドをコンソールで実行するか、startup.do ファイルから designtopremove on を削除します。

Ask Us a Question
x

Ask Us a Question

x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.