Microchip LiberoのデフォルトシミュレータとしてRiviera-PROを起動

はじめに

このドキュメントでは、Microchip LiberoからRiviera-PROを起動し、合成前、合成後、レイアウト後のシミュレーションを実行する方法について説明します。このアプリケーションノートはRiviera-PRO 2021.10、およびLibero 2021.3で検証されています。

LiberoへのRiviera-PROライブラリのインストール

シミュレーションを正常に実行するには、VHDLまたはVerilogのいずれかのデザインに応じて、Riviera-PROのライブラリをLiberoにインストールする必要があります。プリコンパイルされたMicrochipのライブラリは、複数の方法でインストールできます:

  1. Riviera-PROをダウンロードするためのウェブリンクを受け取った場合、同じページにMicrochipライブラリをダウンロードのためのリンクがあります。

  2. コンパイル済みのRiviera-PROライブラリは Microchipからも入手できます。

  3. いつでもサポートポータルでアルデックのサポートセンターにアクセスできます。

LiberoデザインフローでRiviera-PROをシミュレータとして設定する

Microchip Liberoプロジェクトを開くと、図1に示すようにProfile ウィンドウ (Projectメニュー | Tool Profiles…)でMicrochip Liberoプロジェクトのオプションを設定することができます。

図 1

Tool ProfilesウィンドウでSimulationをRiviera-PROに置き換えるには、NameフィールドにRiviera-PROと入力し、Tool integrationとしてRiviera-PROを選択してから、Browse bボタンをクリックしてRiviera-PROの実行ファイルの場所を指定してください。Riviera-PROのインストールフォルダを参照し、\BINサブフォルダに移動してriviera.exeファイルを選択してください。OKをクリックします。図 2 はこれを示しています。

図 2

Riviera-PROがデフォルトのHDLシミュレータとして選択されたTool Profilesに表示されます。図3を参照してください。

図 3

Liberoプロジェクト設定の構成

シミュレーションを実行する前に、必要なすべてのHDLソースを使用してLiberoプロジェクトを準備し、適切なスティミュラスを指定する必要があります。すべてのHDLソースファイルをLiberoプロジェクトに含まれた後、Projectメニュー | Project Settings...の順で移動して、下記に示すようにSimulationの下にあるe DO Fileオプションをクリックすることは重要になります。

図 4

liberoツールは、自動生成されたスクリプト(DOファイル)を使用してRiviera-PROシミュレーションを起動できます。そうすることを選択した場合は、以下の値を適切に設定していることを確認してください:

  • シミュレーションランタイム

  • テストベンチモジュール名

  • テストベンチのトップレベルのインスタンス名

シミュレーションライブラリ設定の構成

デザインでMicrochip デバイスライブラリのコンポーネントを使用している場合は、使用するライブラリの正しいパスを設定する必要があります。これは、タイミング(ポストレイアウト)シミュレーションを実行する場合に特に重要です。

Projectメニュー | Project Settings....で移動して、Simulation Librariesでターゲットデバイスを選択します。

  1. ライブラリパスをRiviera-PROでプリコンパイルされたライブラリの場所に設定します。例えば:C:/Aldec/Riviera-PROxx.x/vlib/microsemi/smartfusion2/smartfusion2

    図 5

これで、Riviera-PROでシミュレーションを実行する準備が整いました。

LiberoからRiviera-PROを起動

Libero IDEからRiviera-PROを起動するには、以下に示すように、シミュレーションのレベルをダブルクリックするだけです。

図 6

Riviera-PROが起動します。コンパイルとシミュレーションのメッセージがコンソールウィンドウに表示されます。波形ウインドウが自動的に開き、下図のように信号がトレースされます。

図 7

シミュレーション制御ボタン(Run, Run Until, Run For, およびRiviera-PRO Restart Simulation)を使用してシミュレーションを制御できることに注意してください。 たとえば、Restart Simulationボタンをクリックすると、Riviera-PROを終了せずにシミュレーションを再開できます。 シミュレーションコントロールボタンは、波形ウィンドウの上部にあります。

Ask Us a Question
x
Ask Us a Question
x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.
We use cookies to ensure we give you the best user experience and to provide you with content we believe will be of relevance to you. If you continue to use our site, you consent to our use of cookies. A detailed overview on the use of cookies and other website information is located in our Privacy Policy.