Riviera-PROでのAXIベースデザインのシミュレーション方法

概要

AXI4 インタフェースを使用するXilinx IPの全リストが、CORE GeneratorのIP catalog から直接利用可能です。AXI BFM はRTLカスタムデザインフローにて
AXIマスタとAXIスレーブの接続性と基本機能の検証に使用されます。AXI BFM は ISE Design Suite インストールパッケージに含まれており、
/ise_ds/ise/secureip/aldec/axi_bfm_aldec にあります。

必要事項

本アプリケーションノートは次の内容が用意されていることを前提としています。

  1. AXI (AXI BFM simulation model) ライセンスを有していること。
    ISE を起動して Help | Manage License にて、Feature 欄に Xilinx_AXI_BFM が表示されることを確認してください。
    AXIライセンスはXilinxから単独入手可能です。AXIライセンスを所有していない場合には、Xilinxに連絡してください。

  2. Riviera-PRO がインストールしてあること。

  3. Riviera-PRO Verilogシミュレーションライセンスを所有していること。
    AXI BFM シミュレーションモデルには Verilog記述が含まれるため、お使いのRiviera-PROライセンスがVHDL のみの場合には、
    Verilogシミュレーションライセンスが必要になります。
  4. Xilinx ISE がインストールされており、Xilinxのライセンスを所有していること。

  5. PATH 変数に、libSecurity.dll までのパスが設定されていること。
    例. /Xilinx/14.5/ISE_DS/ISE/lib/nt
  6. 必要な全てのAXI BFM と適切な他のIPを含むデザインが完成していること。

  7. 必要なXilinx シミュレーションライブラリがRiviera-PROにインストールされていること。

    - Xilinx シミュレーションライブラリのコンパイルが必要な場合には下記を参照:
    http://www.aldec.com/en/support/resources/documentation/articles/1310

    - 最新のコンパイル済みライブラリはアルデックのウェブからダウンロード可能:
    http://www.aldec.com/en/downloads

 

注意:Xilinx platform studioを使ってAXIベースのシステムを作成する方法は下記を参照
http://www.aldec.com/en/support/resources/documentation/articles/1269

Xilinx CORE Generatorで利用可能なAXI BFMサンプルの使い方は下記を参照
http://www.aldec.com/en/support/resources/documentation/articles/1270

AXI BFM シミュレーションの実行

Windows でのRiviera-PRO の起動

  1. AXI BFM ライセンスが設定されていることを確認してください。
    (例. LM_LICENSE_FILE 環境変数が AXI BFM ライセンスが利用可能なライセンスサーバを指していること)

  2. 必要な全てのXilinx 環境変数が設定されていることを容易に確認するために、Windowsスタートメニューから ISE Design Suite Command Prompt を
    呼び出してそこからRiviera-PROを直接起動します。Riviera-PRO ユーザはお使いのプラットホームに応じて、32 bit または 64bit command promptを
    選択してください。

    図 1. Windows上でのXilinx command promptの起動

  3. Riviera-PROを起動するには、Xilinx 32 bit/64 bit command prompt にて rungui とタイプします。


    図 2. Riviera-PROの起動

  4.  Riviera-PRO GUI が立ち上がったら、Xilinxが生成したAXI-BFMベースデザイン用のシミュレーションスクリプトがあるディレクトリに移動します。

LinuxでのRiviera-PROの起動

  1. AXI BFM ライセンスが設定されていることを確認してください。
    (例. LM_LICENSE_FILE 環境変数が AXI BFM ライセンスが利用可能なライセンスサーバを指していること)

  2. お使いのRiviera-PROプラットホーム(32bit/64bit)に応じて、Xilinxインストールディレクトリ/ISE_DESで提供されているsettings32.shまたは
    setings64.sh
    スクリプトファイルをそれぞれsourceコマンドで実行してください。

  3. Linux シェルにて rungui とタイプしてRiviera-PRO GUIを起動します。

    図 3. LinuxコマンドシェルからRiviera-PROを実行

デザインのコンパイル

  1. work ライブラリを作成しデザインファイルをコンパイルするには、Xilinxが生成した*.do スクリプトを実行します。独自に作成したスクリプトも
    実行可能です。図4 をご参照ください。

    図 4.  コンパイルとシミュレーションのスクリプト実行

  2. 上図 4 で示す vsim コマンドでは、AXI BFM シミュレーションモデルのライセンスチェックに使われる PLI ライブラリを指定して、
    イニシャライズシミュレーションを実行します。

    • libxil_riviera.dll – Riviera-PRO Windows 版 32/64bit で使用

    • libxil_riviera.so –Riviera-PRO Linux 版 32/64bit で使用

    イニシャライズシミュレーションのコマンド例は次の通りです。

    vsim –L secureip -lib work top_level -pli libxil_riviera.dll
    

    注意: 上記 PLI ライブラリは Xilinx ISE インストールパッケージに含まれており、/ISE_DES/ISE/lib/nt or nt64/libxil_riviera にあります。
    上記ライブラリがない場合には、下記のXilinx ドキュメントを参照してください。
    http://www.xilinx.com/support/answers/50155.htm

  3. イニシャライズシミュレーションに続いて、run –all コマンドによりシミュレーションを実行します。

    図 5.AXI BFM ライセンス通知

    デザインに AXI BFM が含まれ、そのライセンスが利用可能な場合には、 コンソールウィンドウに図5に示すようなメッセージが通知されます。

Ask Us a Question
x

Ask Us a Question

x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.