...
...

アルデック、UVMベースの検証環境にクラス階層可視化機能を搭載

Date: 2013/07/10Type: Release

Henderson, NV – 2013年7月10日 – Aldec, Inc. (以下アルデック) は、本日、高機能混合言語検証プラットフォームの最新バージョン、Riviera-PRO™ 2013.06のリリースを発表しました。今回のリリースでは、UVMベース検証環境のクラス階層可視化など、検証生産性を向上させる色々な追加機能が盛り込まれています。

 

アルデックのソフトウェアデビジョン・プロダクトマネージャ、Dmitry Melnik のコメント「UVMのサポートが強化されたことで、Riviera-PRO 2013.06 は検証チームがクラスベースのテストベンチ環境を導入しやすくします。このバージョンから新たに利用できるようになった「クラス」ウィンドウは、オブジェクト指向のライブラリや動的データタイプをベースにした検証環境の動作についての基本情報を表示します。」

 

UVMの構造はSystemVerilogクラスの階層で定義されるので、検証プラットフォーム側でオブジェクト指向の環境を正しく分析するとともに、RTL設計者や検証エンジニアに広く普及している標準のソースコードおよび波形表示ツールを引き続き利用できるようにしなければなりません。Riviera-PRO 2013.06はSystemVerilogクラスを階層ツリーの形式で表示し、IDEの他の部分とも連携し、簡単にクロスプロービングやナビゲーションができるようにして、クラスの継承、メソッド、プロパティその他重要な属性を表示します。

 

パフォーマンスを向上

検証プロセスではさらなるシミュレーション性能の強化が重要な要求となっています。Riviera-PRO 2013.06では、シミュレーション実行時間がさらに高速になり、コードカバレッジを有効にした状態で2〜3倍もの驚異的なスピードアップを達成しました。

また、高性能のSystemVerilogランダム制約ソルバと新型のUVM対応デバッギングツールを搭載し、シミュレーション容量も改善されました。Riviera-PRO 2013.06は検証性能を高め、高速にカバレッジを完了させ、今日の厳しい経済情勢や競争の中で設計検証チームに求められる生産性の水準を達成できるようにします。

 

新機能と改善点の一覧:

Riviera-PRO 2013.06 リリースノート

 

「新機能」のプレゼンテーション:

Riviera-PRO 2013.06 What's New

 

供給状況

Riviera-PRO 2013.06は現在提供可能です。www.aldec.com/downloadsから最新リリースをダウンロードできます。有効な保守契約中のお客様は無料で本リリースを使用できます。

 

アルデックについて

アルデック(本社 Henderson, Nevada)は、エレクトロニクス・デザイン検証のインダストリ・リーダです。RTLデザイン作成、RTLシミュレータ、ハードウェア・アシステッド検証、デザインルールチェック、IPコア、DO-254機能検証および軍事/航空宇宙向けソリューションといったパテントを取得したテクノロジを提供しています。www.aldec.com

 


Aldecはアルデックの商標です。その他全ての商標または登録商標は各所有者に帰属します。

Media Contact: アルデック・ジャパン株式会社
宮島 健
03-5312-1791
sales-jp@aldec.com
www.aldec.com

 

Ask Us a Question
x

Ask Us a Question

x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.