ClearCase 動的ビューでシミュレーションが初期化されたときのカーネルメモリリーク

内容

IBM Rational ClearCase 動的ビュー(MVFSドライブ)上でRiviera-PROのシミュレーションを実行すると、ブルースクリーンまたはシステムクラッシュに続くカーネルのメモリリークを観測することができます。シミュレーションが初期化されると、asdbでファイルが作成され、ClearCase 動的ビューに配置されます。その後、シミュレーションの実行有無に関わらず、タスクマネージャかプロセスエクスプローラーで全物理メモリの増加状況を確認できます。プロセスエクスプローラーを使用している場合、カーネルメモリが増加している事が判ります。
カーネルメモリは、プロセスの何れにも割り当てられていないシステムメモリです。物理/カーネルメモリアロケーションは、システムクラッシュに向かって急速に増大していきます。

現在、この問題は後述のリンクに記載されている既知のClearCase 製品の問題になります: http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21422708

ソリューション

この問題を解決するには、以下の手順に従ってください:

  1. HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Mvfs\Parameters 内に、REG_DWORD タイプのMvfsViewAttachMup を追加し、値に1を設定

  2. マシンを再起動

参考:一般的にローカルマシンより低速のIO 性能のため、直接シミュレーションをClearCase 動的ビューで実行することには適していません。コンパイルおよびエラボレーション時間が影響を受けます。

Ask Us a Question
x

Ask Us a Question

x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.