生成されるソースファイルのコピーを compile フォルダとは別に作成する方法

概要

生成されるソースファイルを任意のフォルダに自動でコピーする設定をすることができます。本オプションは compile フォルダへのファイルの生成を妨げるものではなく、指定したフォルダにコピーを作成します。

本オプションを設定するには、コンソールウィンドウに次のようにタイプします。

例:

set generatedsourcecopyfolder 任意のフォルダ

"任意のフォルダ" は src フォルダの下に作成され、生成される全てのファイルがそこに追加されます。

変数の説明

generatedsourcecopyfolder

ブロックダイアグラムやステートマシンから生成されるソースファイルをコピーするサブディレクトリを、$dsn\srcデザインフォルダの下に指定します。上記変数の設定後は、ブロックダイアグラムやステートマシンからソースコードをすると、指定したフォルダが自動生成され、ローカルコピーとして Files タブに HDL ファイルが追加されます。変数はデフォルトでは設定されていません。設定されているか否かに関わらず、HDL ファイルは常に$dsn/compile フォルダに生成されます。

関連変数の説明

generatedsourcecopypath

ブロックダイアグラムやステートマシンから生成されるソースファイルのコピー先を任意に指定します。HDLファイルが生成されても、デザインツリーにはファイルは追加されません。変数はデフォルトでは設定されていません。設定されているか否かに関わらず、HDL ファイルは常に$dsn/compile フォルダに生成されます。

Ask Us a Question
x

Ask Us a Question

x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.