Active-HDL用のIntel Quartusシミュレーションライブラリのコンパイル

概要

コンパイラウィザードを使用して、Intel Quartus環境内でRiviera-PROライブラリをコンパイルすることができます。このアプリケーションノートでは、Intel Quartus 16.1のバージョンを使用し、Active-HDL 10.3へのパスを提供しています。

設定方法

  1.  Intel Quartus 16.1を起動

  2. Tools | Launch Simulation Library Compilerを選択

    図 1 Simulation Library Compiler

  3. EDA Simulation Library Compilerが開きます

  4.  Tool NameActive-HDL を選択します。Executable location欄内にAVHDL.exeファイルへのパスを入力します。

    図 2 Simulation Library Compiler ウィザード: ツール名と場所

  5. コンパイルするライブラリファミリとライブラリ言語を選択します。

    注意: ">"マークは選択したファミリを選択し、">>"マークは選択可能なすべてのファミリを選択します。

    図 3 EDA Simulation Library Compiler: ライブラリ選択

  6. コンパイルしたライブラリの出力ディレクトリ(Output directory)を選択します。

    図 4 Simulation Library Compiler ウィザード: 出力ディレクトリ

  7. すべての設定を指定したら、Start Compilationを選択します。

    図 5 Simulation Library Compiler ウィザード: コンパイルの開始

  8. コンパイルが正常に終了したら、EDA Simulation Library Compilerウィンドウを閉じることができます。

    Figure 6 コンパイルの正常終了



Printed version of site: www.aldec.com/jp/support/resources/documentation/articles/1903