Xilinx VIVADO から Active-HDL をデフォルトシミュレータとして起動する方法

概要

本アプリケーションノートでは、Xilinx Vivado™ から Active-HDL を起動して、ビヘイビアとタイミングシミュレーションを実行する方法を説明します。本ドキュメントでの動作はActive-HDL 10.2 とXilinx Vivado 2015.1で確認を行っています。この統合により、ユーザはVHDL, Verilog, 混在言語およびSystemVerilog (Design) のシミュレーション実行のデフォルトシミュレータとしてActive-HDL を使用することが可能です。

Active-HDL にXilinxライブラリのインストール

正常にシミュレーションを実行するには、デザインに関連するXilinx VIVADO バージョンのVHDL、Verilog または両方のシミュレーションライブラリをActive-HDL にインストールする必要があります。現在インストールされているライブラリの確認は、ご使用頂いていますActive-HDL バージョンのLibrary Managerツールで確認できます。このツールは、View メニューのLibrary Manager オプションを選択することによってアクセスすることが可能です。ライブラリは使用するActive-HDL のバージョン用にコンパイルされている必要があります。

ライブラリを入手するいくつかの方法

  1. Vivadoののcompile_simlibコマンドを使用して、ソースからXilinxライブラリをコンパイルすることが可能です。詳細については、 Xilinx™ Vivado シミュレーションライブラリをActive-HDL 用にコンパイルを参照してください

    プリコンパイルされたライブラリをインストールすることも可能です。

  2. ソフトウェアのインストールにActive-HDL DVD を使用する場合は、インストール時にXilinx ライブラリのインストールオプション選択することが可能です。

  3. Active-HDL のダウンロードリンクを受信している場合、同じページにXilinx ライブラリをダウンロードするリンクがあります。

  4. いつでも最新のザイリンクスライブラリをダウンロード可能なアップデートセンターに訪問することが可能です。http://www.aldec.com/jp/downloads.

Vivado からActive-HDLを起動するための手順

  1. %PATH%環境変数に/BINパスを追加します。正しく%PATH%変数を設定出来ているかの確認には、Windowsはコマンドプロンプト開き"path"をタイプ後にENTER キーを押します。 その結果、Active-HDL のパスが表示されます。もし、パスが無い場合はステップ2に進みます。

    vivado

  2.  Active-HDL インストールパスが設定されていない場合、環境変数に設定してください。

    参考: Vivado がすでに起動している状態でパスを設定した場合、Vivado 内部で新しいPATH 変数を有効にするためにVivado を再起動する必要があります。

  3. Vivado環境で、ToolsメニューからXilinx Tcl Storeオプションを選択し、Installedタブに切り替え、Active-HDLシミュレータプラグインがインストールされていることを確認します。まだインストールしていない場合には、Allタブに切り替えてActive-HDLプラグインのInstallボタンをクリックします。
  4. Xilinx VIVADO プロジェクトマネージャにて、プロジェクトを作成または開きます。

  5. Flow Navigator から、Simulation Settings アイテムをクリックします。

  6. Project Settings ウィンドウのSimulation カテゴリで、Target SimulatorActive-HDL Simulator に変更します。

  7. Compilationタブ内で、Verilog とVHDLのコンパイラオプションの設定が可能です。

    vivado
    注意:
    VHDLファイルのコンパイル時にLRMの厳格なチェックを緩和する必要がある場合には、riviera.compile.vhdl_relaxチェックボックスにチェックを入れます。

  8. ElaborationSimulation タブでは、シミュレーションに関する引数などを設定することができます。たとえば、全ての信号をシミュレーションデータベースに保存したり、信号へアクセス権限を与えたり、シミュレーション時間などが設定可能です。

    vivado

  9. すべての必要なオプションの設定が完了したらApplyOK をクリックします。

    注意: シミュレーション作業中にActive-HDLのバージョンが更新された場合、Aldec 社シミュレータの以前のバージョンで作成されたファイルを削除するために、Project Settings ウィンドウのSimulation カテゴリでClean Up Simulatiオプションを使用する必要があります。

  10. Flow manager パネルからRun Simulation アイテムをクリックし、実行したいシミュレーションのタイプを選択します。

    vivado

  11. これで、Active-HDL が起動します。オープン後、このプロセスは、ワークスペース、デザインを作成し、デザインにすべてのソース·ファイルを追加します。
    Vivado は上記手順で指定した設定に基づいて、コンパイルとシミュレーション用のDO マクロスクリプトを生成します。

  12. Active-HDL は、自動生成されたDO マクロで実行を開始し、シミュレーション結果を表示するために波形ウィンドウを起動します。

vivado

Ask Us a Question
x
Ask Us a Question
x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.
We use cookies to ensure we give you the best user experience and to provide you with content we believe will be of relevance to you. If you continue to use our site, you consent to our use of cookies. A detailed overview on the use of cookies and other website information is located in our Privacy Policy.