Active-HDLにおけるAltera IPコアの言語非依存シミュレーション

概要

AlteraはいくつかのIP、例えばトランシーバー PHY IP コアを Verilog や SystemVerilog のみで提供しています。トランシーバー PHYの出力にVHDLを選択すると、Quartus II は VHDLのラッパーファイルを生成し、下の階層のファイルは全てVerilog や SystemVerilogで記述します。

Active-HDLの対応

Active-HDL 10.1以降のバージョンでは、VHDLライセンスのみをお使いのアルデック・ユーザ様も、Verilogライセンスを購入することなく、Alteraの最新ライブラリやMegafunctionをシミュレーションすることができます。

Ask Us a Question
x
Ask Us a Question
x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.
We use cookies to ensure we give you the best user experience and to provide you with content we believe will be of relevance to you. If you continue to use our site, you consent to our use of cookies. A detailed overview on the use of cookies and other website information is located in our Privacy Policy.