Riviera-PROのベストなPC設定は?

CPUパラメータ

シングルコア vs. デュアルまたはマルチコア

  • Riviera-PROはマルチスレッド・アプリケーションであるため、シングルコアよりもマルチコアのCPUを選ぶ方が良いでしょう。

  • マルチコアのCPUを使用することで、シミュレーションの実行中にRiviera-PROのGUIでインタラクティブな作業をする際に効果的です(シミュレーションは1プロセッサコアを占有し、GUIの操作は他で動作する)。

  • さらに、VHDLのコンパイル作業においてマルチコアCPUはコンパイル時間を減少させます。

  • シミュレーションの実行中に波形を観測したりコードの編集を行わなくても、マルチコアCPUを使用することで、バックグラウンドのシミュレーションを実行しながら他のアプリケーションの応答性を向上させます。

    周波数とCPUキャッシュのサイズ

  • 通常、このアプローチはより優れています。

  • 大きなCPUキャッシュがパフォーマンスにプラスの影響を持ちます。

    CPUアーキテクチャ – 32 vs. 64 ビット

  • Riviera-PROがデザインを実行するために数GBのRAMを割り当てる必要がある場合のみ、CPUのアーキテクチャが問題となります。

  • 64ビットアーキテクチャでも32bitアプリケーションには4GBのRAMを割り当てることができます(Windows上で実行するRiviera-PROのように)。

  • 32ビットアーキテクチャではWindowsおよびLinux上で2GBに制限されていますが、必要に応じて3GBまで増やすことができます。デザインのシミュレーションが2GB以上を必要としないのであれば、どのようなCPUアーキテクチャも任意に選択できます。

    グラフィック・カード

  • 特に推奨はありませんが、速いカードでは波形表示(大きいファイルのスクロール、ズーミング等)のようなGUIのレスポンスを改善します。

    RAMサイズ

  • 32ビットOSでは3GB以上を推奨します。

  • 64ビットOSでは4GBまたはそれ以上を推奨します。

  • これらの推奨は、マシン上のRiviera-PROで1つのシミュレーションを実行することを考慮していることにご注意ください。一度に複数のシミュレーションを実行する場合は、それに応じて上記の数字を掛けてください。

    32ビットOS vs. 64ビットOS

  • CPUアーキテクチャを選択するのと同じ推奨となります。

Ask Us a Question
x

Ask Us a Question

x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.