Active-HDL に適したPC 構成

Active-HDLを実行するためのPC 構成は

回答:

  1. CPU パラメータ

    • シングルコア対デュアルまたはマルチコア - Active-HDL はマルチスレッドアプリケーションであり、マルチコアCPUを選択することはシングルコアより適しています。シミュレーション実行時に使用したマルチコアCPU の効果はActive-HDL のGUI でインタラクティブ使用の場合の殆どで感じられます(GUI操作は他で実行することで、シミュレーションは1プロセッサコアを占有します)。さらにVHDLコンパイラは、コンパイル時間を短縮するためにマルチコアCPUを利用します。シミュレーション実行中に波形確認やコードの編集をしない場合でも、マルチコアCPU を使用するとバックグラウンドでシミュレーションを実行する最中、他アプリケーションの応答がよち良くなります。

    • 周波数とCPU キャッシュサイズ - 一般的なアプローチはここではより良いです。大きなCPU キャッシュはパフォーマンスにプラスの影響がることに注意してください

    • アーキテクチャ - 32ビット対64ビット

    Active-HDL でデザインを実行する際に数ギガバイトのRAM を割り当てる必要がある場合はCPU アーキテクチャのみ重要です。32ビットアーキテクチャはWindows の2GB 制限があるが必要に応じて3ギガバイトまで増加させることが出来ますが、64ビットアーキテクチャでは32ビットアプリケーションに4GBのRAM 割当てを可能にします。もし4GBのRAMでも不足する場合は、Active-HDL 64bit を使用してください。また、デザインのシミュレーションで2GBのRAM を必要としない場合は任意のアーキテクチャを選択して自由に選択できます。

  2. グラフィックカード - ここでは推奨するものは無いが、高速なカードは波形ウィンドウ(大規模ファイルのスクロール、ズームなどの場合)などのGUI操作の応答が良くなります。

  3. RAMサイズ - 32ビットWindows では少なくとも3GB のRAM を推奨します。64ビットOSであ4GB以上を推奨します。これらの推奨事項はマシン上でActive-HDL を同時に1本実行するための数値であることに注意して下さい。複数本実行する場合は、それに応じて数値を乗算する必要があります。

Ask Us a Question
x

Ask Us a Question

x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.