Altera Quartus II からの Active-HDL 実行方法

はじめに

Altera® Quartus ソフトウェアからActive-HDL をNativeLink 機能を使用して直接実行できます。このアプリケーションノートでは、Altera Quartus II のNativeLink 機能の使用方法について説明します。なお、Active-HDL 10.3 と Altera QuartusII 16.1 で確認を行っています。このインタフェースは、デフォルトのシミュレータとしてActive-HDLを使用し、VHDL, Verilog, SystemVerilog(”デザイン”構文)混在シミュレーション実行を行うことが可能です。

Quartus II でActive-HDL のコンフィギュレーション

Figure 2 Quartus II のEDA Tool Settings

NativeLink の設定

NativeLink 設定は、Figure 3にある様に右側にあるSimulation カテゴリの下部にあります。シミュレーション用のテストベンチの設定として3つのNativeLink 設定があります。

Figure 3 EDA Tool Settings

NativeLink 設定から自由にオプションを選択できます。シミュレーションの実行については、次のセクションを参照してください。これらのオプションの詳細については、このアプリケーションノート最後にあるリンクをクリックしてください

シミュレーションの実行

Quartus II からActive-HDL を起動するには,Tools | Run Simulation Tool | RTL Simulation option をクリックします。 Active-HDL は起動し、プロジェクトの作成、および必要なファイルをプロジェクトに追加します。また必要な Altera ライブラリをコンパイルします。波形に信号を追加し、その後にシミュレーションを実行します。Figure 4 の様にシミュレーション終了時、コンソールにシミュレーションの終了メッセージを表示します。

Figure 4 シミュレーションの実行

Figure 5 シミュレーションの実行

さらに詳しい情報

Quartus IIソフトウェアからActive-HDLシミュレータの起動と実行詳細に関しては、http://www.altera.com/literature/hb/qts/qts_qii5v3.pdf をご覧ください。



Printed version of site: www.aldec.com/jp/support/resources/documentation/articles/995