Active-HDL でASDB とAWC ファイルの操作

はじめに

Active-HDL はシミュレーションデータをシミュレーションデータベース(ASDB) ファイルへ保存します。このファイルには、特定の信号やシミュレーション時にトレースされたデザインの階層の値の履歴が含まれています。デフォルトの出力ファイルは、$waveformoutput 変数によって定義されます。シミュレーションデータベースの内容を表示する為に、波形コンフィギュレーション(AWC) ファイルがASDB ファイルに紐付けられます。AWC ファイルは、表示されるオブジェクトリストのカラー、基数、それらを表示する順序および多くのプロパティに関する情報を含みます。単一のASDB を使用して、さまざまなAWC を関連付ける事が可能です。同様にAWC ファイル内でトレースするASDB ファイルのオブジェクトが同じ階層である限り、多くの異なるASDB ファイルで単一のAWC ファイルを関連付ける事が出来ます。

ASDB

図 1. ASDB とAWC ファイルの関連付け

シミュレーションデータベースと高速表示波形ビューワの使用により設計効率の向上が可能です。シミュレータで実装された主要な改善の1つが標準波形ウィンドウを超える高速表示波形ビューワのパフォーマンスです。さらにこの波形をデフォルトビューワとして選択した場合、スティミュラスはテストベンチから指定するか、force マクロコマンドによって適用できます。さらにスティミュラスダイアログボックスから直接適用することも可能です。

シミュレーションデータベース(ASDB) ファイルの生成

参考: 対象となるすべての信号は、シミュレーションを実行する前にトレースしていることを確認してください。信号がASDB ファイルに記録されていない状態では、AWC ファイルを接続しても波形ビューアにデータは表示されません。

波形コンフィギュレーション(AWC) ファイルの生成

別のASDB ファイルにAWC ファイルを接続

  1. AWCファイルを開く

  2. 波形ウィンドウの任意の信号を右クリック

  3. Connect To|Simulation Database を選択

    ASDB

  4. ASDBファイルを探し、openをクリック

参考: AWC ファイルとASDB ファイル間で信号の不一致がある場合、以下のエラーが表示される場合があります。この問題を解決するには、AWC ファイルとASDB ファイル間の階層が一致している事を確認してください



Printed version of site: www.aldec.com/jp/support/resources/documentation/articles/1834