Xilinx®用言語非依存ライブラリ

はじめに

Xilinx®はIP配信のためのSecureIP手法を使用することを最初に始めました。これらのIPは、Verilog/SystemVerilogを使用して記述されており、そのためシミュレーションにVerilogライセンスが必要になります。混合言語ライセンスやVerilogライセンスのユーザであれば問題ありませんが、VHDL限定ライセンスの場合は問題となります。

アルデックはXilinx®と協力して、Verilog/SystemVerilogで作られたIPを組み込んだデザインをVHDL限定ライセンスでも(Verilogライセンスを追加購入しなくても)シミュレーションできるように、言語非依存ライブラリを提供しています。この言語非依存ライブラリはVHDL限定のお客様用に透かしが入っており、 アルデックのウェブサイトからダウンロードできます。ただし、このライブラリを使用するには、ライセンスファイルに言語非依存ライブラリ機能を追記しておく必要があります。この機能については、sales-jp@aldec.comまでお問い合わせください。



Printed version of site: www.aldec.com/jp/support/resources/documentation/articles/1290