Microsemi™(Actel)プロトタイピング

RTAX_prototyping_sm

アルデックはフラッシュベースFPGAのProASIC3Eを用いた、RTAX-S/SLとRTSX-SU向けプロトタイピング・ソリューションを開発しました(RTAX/RTSXとProASIC3Eデバイス・ファミリはともにMicrosemi™(Actel)の所有物です)。

RTAX-S/SLとRTSX-SUのプロトタイピング・ソリューションには、ProASIC3EのフットプリントをRTAX-S/SLとRTSX-SU(CQ208, CQ256, CQ352, CG624など)のフットプリントにマッピングするプロトタイピング・アダプタ・ボードが付属します。

さらに大規模なCG1272パッケージのサポートもあります。詳細はお問い合わせください。アダプタを基板に半田付けした後は、ProASIC3EデバイスはJTAGインタフェース・コネクタから再プログラミングできるようになります。

Ask Us a Question
x

Ask Us a Question

x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.