SoCおよびASICプロトタイピング

HES7-Top_VirLogoASICデザインがますます複雑に、開発期間が短くなる中で、SoCおよびASICプロトタイピングが製品開発で必須のプロセスになっています。SoCおよびASICプロトタイピングを導入することでシステム検証の時間的制約が軽減するので、テープアウト時に欠陥が発生する確率が低くなり、メーカーは製品をよりいっそう早く顧客向けに出せるようになります。FPGAではASICのデザインをアットスピードでインプリメントできるので、より現実的な機能カバレッジと組込みソフトウェアの統合ができるようになります。

 

HES-7™はSoC/ASICハードウェア検証およびソフトウェア検証チーム向けのスケーラブルで高品質なFPGAベースのASICプロトタイピ ング・ソリューションです。さらに業界随一の1年保証によるサポートが付きます。HES7XV4000BPボード1枚(Xilinx® Virtex®-7 2000T 2個搭載)につき最大2,400万ASICゲートの容量があり、最新のHES7XV12000BP(Xilinx® Virtex®-7 2000Tを6個搭載)では最大7,200万ASICゲートまで対応し、さらにDSPとメモリリソースがあります。

HES-7プロトタイピング・ソリューションはインプリメントと拡張がしやすいアーキテクチャになっています。オープン仕様のバックプレーン・コネ クタを採用しており、HES-7は最大9,600万ASICゲート(HES7XV4000BPを4枚使用した場合)、または2億8,800万ASICゲー ト(HES7XV12000BPを4枚の場合)、6億3,300万ASICゲート(HES7-UltraScaleを4枚の場合)まで、プロトタイピング 容量を楽に拡張できます。さらにドーターボードで拡張することもできます。

さらにHES-7はXilinx Zynq™ All Programmable SoCを活用して、ペリフェラルをサポートするメディア・インターフェースやメモリ、幅広いSoCアプリケーションの開発を拡張するための追加のコネクタを含む、ARM®デュアルコアCortex™-A9 MPCore™のアプリケーション開発をサポートします。設計者は市場の多岐に渡るアプリケーションを作成するため、HES-7のASICプロトタイプ・プラットフォームによる並列処理機能を備えた集中的な計算やオペレーティングシステムを必要とするアプリケーション向けにCoretex-A9プロセッサの順次処理能力を活用することができます。

Ask Us a Question
x

Ask Us a Question

x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.