Prototyping Microsemi™ Rad-tolerant Devices.

Microsemi放射線耐性デバイスRTAX/RTSXプロトタイピング

アルデックとMicrosemiは共同で、Microsemi RTAX-S/SL, RTAX-DSP, RTSX-SUを搭載する宇宙飛行システム設計用に、革新的な再プログラマブル・プロトタイピング・ソリューションを提供致しています。従来の宇宙利用認証済みのOTP(ワンタイム・プログラマブル)アンチヒューズFPGAとは違い、アルデックのプロトタイピング・アダプタは再プログラム可能なデザイン・プロトタイピング方法として、MicrosemiのフラッシュベースFPGA ProASIC®3Eを採用しています。

RTAX/RTSX Prototyping

主な特徴

  • サポートするMicrosemiデバイスと容量:
    - RTAX-S/SL: 4000Sまで, RTAX-DSP と RTSX-SUデバイス
  • 自動デバイスネットリスト変換
    - メモリ変換
    - 物理デザイン制約(PDC)ファイル変換

RTAX EDIF Netlist Converterが自動でRTAX-S/SLのEDIFネットリストをProASIC3Eネットリストに変換します。つまり、制約(アンチヒューズのRTAX-S/SLとフラッシュのProASIC3Eの違い)を考慮してプリミティブが置き換えられます。ピン・リマッピング・ユーティリティで物理デザイン制約(PDC)ファイルを自動で変換できるので、手作業で時間をかけて変換する手間がありません。

Ask Us a Question
x

Ask Us a Question

x
Captcha ImageReload Captcha
Incorrect data entered.
Thank you! Your question has been submitted. Please allow 1-3 business days for someone to respond to your question.
Internal error occurred. Your question was not submitted. Please contact us using Feedback form.